うつ病になって健康の大切さがよく分かりました。

私は若い頃うつ病になりました。
うつ病は本当に誰にでもかかりうる病気です。
特に睡眠不足がひどい方でそれが長い期間続いている方は気をつけて欲しいです。
頭が重い感じがとれないという症状があれば、とにかく休んで良く寝て下さい。
そこで無理をしてうつ病にしてしまうと本当に大変です。
私はその症状があったのに、さほど気にも留めずに、それまでの生活を改めなかったのでうつ病を発症してしまいました。
うつ病になると精神的な症状もですが肉体的な症状も本当に辛いです。
脳が疲弊して耐えられなくなった状態がうつ病だと思っています。
最初のうちは本を読むことも出来ず、ひたすら眠る日々でした。気持ちは落ち込み、常に悲しかったです。食欲も無く、体はいつも重かったです。2年間療養とも言える生活を送りました。
3年目にやっと社会復帰しましたが、精神的な症状は軽くなっても肉体的にはずっと不調でしたね。
いつも食欲が無いので、錠剤を食事替わりに出来たらいいのにと思っていました。それなのに太っていました。何故かというと疲れやすくなっていたので甘い飲み物を好んで飲んでおり、体がダルいので仕事以外では寝てばかりいたからです。
あれから何年もたち、今では食欲も普通にあり、食べ物も美味しいです。無理はききませんが普通に仕事もでき、遊びも楽しめます。
本当にありがたいです。
うつ病はなってしまうと本当に治りにくいです。
なる前に予防することが大事です。
私のように若い時代を病気で過ごすことのないように、どんな状況でも「寝ることを大切に」して頂きたいです。

PR|フィーラで細身エステ