健康のために納豆を毎日食べる理由について

納豆は体に良いことで有名です。納豆を一日一パックを毎日食べることで、簡単に体に良い効果があります。
まずは大豆を発酵した納豆は、植物性タンパク質を多く含んでいます。このタンパク質は体に必要な主成分で、筋肉や髪、皮膚などの原料になります。
そして納豆に多くふくまれるビタミンB1、B2、B12は、体に嬉しい効果がたくさんあります。
ビタミンB1は、炭水化物に含まれる糖を分解しエネルギーに変えます。このエネルギーは主に脳で使われますが、不足すると疲れやすくなったり、脳の伝達障害の脚気という病気を引き起こします。またうつ病を引き起こすこともあるため、現代に必要な栄養素です。また糖を効率よく分解するので、ダイエット効果もあります。
ビタミンB2は、脂質を分解してエネルギーに変えます。このエネルギーは細胞の再生を促進させるため、女性に嬉しい作用がたくさんあり、髪の毛や爪を綺麗に保ち、美肌効果があります。また脂肪を分解するため、肥満予防に効果的です。
ビタミンB12は、葉酸と結合をして、赤血球を作る働きがあります。よって女性に多い鉄欠乏性貧血の予防になります。
このように納豆は、特に女性に嬉しい効果がたくさんあるため、毎日食べると健康を保つことが出来ます。

 

PR|エステでリンパマッサージの口コミ|